ウクライナ日本センター KPI of Igor Sikorsky

図書室

平日 11:00 - 19:00
昼休み 14:00 - 15:00
土曜 11:00 - 18:00

オフィス

平日 09:30 - 18:00

昼休み 13:00 - 14:00

書道

筆と墨を使って文字を美しく書く芸術「書道」は、中国で生まれ、時を経て日本へ伝わりました。しかし現在、日本と中国の書道が同じものであるとは言えません。何世紀にもわたる進化の過程で、日本の書道は中国とは違ったスタイル、美学、技術を得て、独自の芸術として確立するに至ったのです。

 

日本では昔から、銘文は自然を描く絵の一部でした。それは主に単なる文章ではなく、描かれた情景に感銘を受けて作られた詩歌でした。

 

昔からよく知られている日本の画家は詩人でもあり、また詩人は同時に画家でもあったのです。絵と詩は日本では一つのものでした。だからこそ書道は、単なる銘文ではなく、書き手の感情や気分、印象が表現された「独創的な詩」と言うことができるのです。

 

また、書道によって創られる独特の詩的雰囲気を感じるために、必ずしも日本語を知る必要はありません。書道は誰でも始めることができます。どんな芸術においても、言語や時代による境界線、違いはありません。最初に墨をする時、その匂いから醸しだされる独特の雰囲気を自分自身で味わうチャンスは、私たち一人一人に与えられているのです。手の中で筆が震えるのを感じ、肌と紙が静かに擦れる音を聞き、意思を持った墨によって作り出される気まぐれな柔らかい型をどのように導くかを学ぶ・・・。きっと、新しい世界の創造者としての自分を感じることができるでしょう。

Наші партнери