ウクライナ日本センター of Igor Sikorsky KPI

図書室

月・金 11:00-19:00
土 11:00-18:00

オフィス

平日 09:30 - 18:00

リモートワーク

日本語コースの修了式

初はセンターの新所長、クシュナリョーフ・ユーリさんのあいさつがありました。所長はセンターのこれからのプロジェクト、日本語コースの拡大・子どもクラスを含めての新しいクラスを作る計画を説明しました。

 

次に5月に赴任した国際交流基金の専門家、宮﨑さとみのあいさつの後、今年度の先生からのお祝いのことばが続きましたが、先生方の一人ひとりのスピーチは学生の嵐のような拍手で迎えられました。先生の感想の中には「自分も会社に勤めながら教授法を勉強していた人なので、みなさんのことを非常によく分かります。みなさんも、一日の仕事、大学の勉強が終わってから、センターに来て、頑張って日本語を勉強します。それは本当に難しくて、大変だと思います。皆さんを本当に尊敬します。」、「学生だったとき、やっと日本語でコミュニケーションができるようになったときは満足感、達成感も感じて、すごく嬉しかったです。来年から皆さんとも日本語だけでコミュニケーションできれば、うれしいです。」、「皆さんと出会えて、本当によかったです。幸せです。」などありました。

 

続いて、国際交流基金の専門家、宮﨑さとみさんに一人一人の受講者への修了書の授与をしていただきました。授与の後、各クラスの優秀者、及び皆勤賞の学習者の発表を行いました。優秀者11人と皆勤した学習者12人にセンターからのちょっとした記念品を贈りました。

 

修了式は中級4クラスのセメンチュク・バーバラさんによる歌、盆踊りクラブ「つぼみ」による盆踊りの舞で終わりました。
最後に、みんなで乾杯して、巻き寿司などを食べながら、同じクラスの友だちと一年間の勉強を思い出したり、他のクラスの学習者と話したり、先生と「日本語だけで」コミュニケーションをしてみたりして、懇親会を楽しみました。

 

みなさん、今年、本当によく頑張りました。夏、よく休んで、10月からまた日本語の勉強を頑張ってください。お待ちしています。